GROOVE DIRECTIONRECRUITING

ENGINEER 01 2017年入社

ENGINEER 042017年入社

親身な先輩による半年間の研修がなかったら、
今の充実した毎日はやってこなかったと思う。

CHAPTER01

夢への挑戦を応援してくれる会社

高校の時にC言語によるプログラミングを学び、ソフトウェア開発の面白さを知った私。でも、卒業して入社したのは美容業界でした。事務や受付、販売などの仕事です。IT業界に足が向かなかったのは、自分にエンジニアの仕事ができるだろうかと、怖気付いたからでした。でも、1度は夢を見た世界。やっぱり挑戦したいという気持ちが徐々に高まっていきました。そしてある日、1回はIT業界を経験してみよう。できるところまでやってみよう…と、決意したのです。
それから、未経験者でも快く受け入れてくれて、しかも十分に教育を施してくれる会社を探しました。その条件で、一番フィットしていたのがグルーヴ・ディレクションだったのです。

CHAPTER02

半年間の研修で基礎を固めて最前線へ

当社を選んだ理由の一つでもある半年間の新人研修は、本当に充実していました。同期はわたしを含め4名。最初は社会人としてのマナー研修や、時間の使い方、コミュニケーションの取り方についての研修でした。それが終わったら、リーダークラスの先輩が講師役となり、終日にわたって行うソフトウェア開発の基礎講義が始まりました。自分の手で初歩的なプログラミングを進めていくというスタイルです。分からないことがあったら、まずは自分で考え、整理して質問すれば、すぐに講師から適切な返答がもらえました。
そうして徐々にソフトウェアの基本的な開発スキルが身につき、半年後に満を持して開発現場に配属されたのです。

CHAPTER03

自分の成長が目に見えて分かる

私が心配していた「IT業界は実力の世界。中途半端な気持ちでは続かない」というのは、事実だと今も思います。でも、当社には親身に指導してくれる先輩、見守ってくれる上司、本人の成長に最適な案件を用意してくれる営業、そして充実の教育制度が待っていました。頑張ろうという意欲さえあれば誰でも一人前になれる会社なのです。
私は研修が前に進むたびに、自分の成長度に驚いていました。研修前半の最後に、社員管理用のデータベースの構築という課題に4人それぞれ単独で挑んだ時も、全員がやり遂げました。数ヶ月前の私には考えられないことです。データベースが完成し、設計通りにデータを表示できた瞬間、感動で泣きそうになりました。

CHAPTER04

スキルアップを続け、資格取得にも挑戦!

今はまだ発展途上中の私ですから、先輩たちから教えられることをしっかりと身につけ、与えられた仕事を確実にこなしていくだけで精一杯の毎日です。ひとつの課題をクリアするごとに、また次の目標が見えてくるような状況です。
それでも、開発や運用などの経験を積み重ね、その中で確実に技術を習得し、先輩たちから信頼されるようになることを目指しています。今はまだ余裕がありませんが、自分のペースが見えてきたら、仕事に活かせる資格の取得にもぜひチャレンジしたいですね。そうして将来は、メンバー間のコミュニケーションを取りまとめるのが上手く、どんなプロジェクトでも円滑に進められるスキルを持ったエンジニアに成長していきたいですね。

CHAPTER05

その日の気分で、目一杯楽しむ

お休みの日は、その日その日の気分で何をするか決めるタイプです。天気が良ければ友人とショッピングモールで買い物を楽しんだり、日帰りのドライブに出かけたりすることが多いですね。旅行も大好きで、この前はUSJに行きました。
家にいる時はDVDを借りてきて、映画鑑賞をすることが少なくありません。特にアメコミが原作となっている作品には目がなく、ハリウッドの話題作は必ずチェックしています。最近はゲームにもはまっていますね。