GROOVE DIRECTIONRECRUITING

IT SUPPORT 01 2016年入社

IT SUPPORT 012016年入社

安定を求めて転職した当社で、
仕事で信頼されるという新たな充実を得た。

CHAPTER01

発展する業界で専門性を磨きたかった

就職活動が思い通りに進まず、中央官庁の臨時職員として社会人生活を始めた私は、入庁して2年と少しで転職活動をスタートさせました。臨時職員は3年で退庁するという決まりがあったからです。その時点まで準公務員として働いてみて、強く感じたのは景気に左右されない公務員の安定性でした。そのため次に民間に転職するにしても、今後の成長と安定が期待できる業界に進もうと考えました。また、安定した雇用を得るために、専門性を磨きたいとも考えました。以上の観点からIT業界に興味を持ち、転職エージェントに当社を紹介してもらったのです。面接に臨んでみて、当社は社員同士の距離が近く、働きやすそうな会社だなと感じたのが第一印象でした。

CHAPTER02

システムの運用業務をバックアップ

入社後は2つの現場を経験しました。最初は通信サービス会社でのIPネットワークの運用です。それを経て、現在はITサポート職として冠婚葬祭業向けシステムの開発/運用プロジェクトで、SE支援を行っています。主に担当しているのは、システムを使用するユーザーから改善依頼を受け、内容をExcelに入力する作業です。その入力情報に基づいて、最終的にSEが変更点をシステムに反映させることになります。おかげでExcelにはけっこう詳しくなりましたが、さらに高度に使いこなせるようにもっと深く習得したいですね。
入社して1年経ちました、今は開発現場の雰囲気がつかめてきて、開発/運用の流れや周囲の動きが見えるようになってきました。

CHAPTER03

信頼を得ることで会社の評価を上げられる

運用しているのは独自のシステムなので当初は分からないことが多く、周囲に聞いてばかりでしたが、現在では状況が把握できるようになったことから、SEの先回りをして作業を効率よく進めるように心がけています。自ら気づいた改善ポイントをSEに提案したり、画面のレイアウトの見やすさなどについて意見を求められたりすることもあります。こちらが自発的に動くことでSE側は業務の負担が減ることから、「いろいろ気づいてくれてありがとう」と感謝されることも多くなってきました。私が信頼を得ることで当社に対する評価が上がり、現場で当社の社員を増員する話に繋がりますから、頑張り次第で会社に貢献できるこの仕事の取り組みがいは大きいですね。

CHAPTER04

替わりの効かない人材になりたい

現場でSEからもっと頼られるITサポートとなるためにも、普段からのスキルアップは欠かせません。この点で、最初の現場が開発職寄りだったので、最初は大変でしたが、今となっては多くのことを学べたので良かったと思います。近い将来に達成したい目標は、WordやExcelなどのオフィスソフトにもっと強くなることと、ITパスポートの取得です。そうして市場価値の高いスキルを獲得し、いずれは自分の名前で仕事の依頼がくるような存在になりたいですね。究極の目標は、「自分がいないと困る」といったような、替わりの効かない人材になることです。そのレベルにはまだまだですが、少しずつ近づいているのを実感しています。

CHAPTER05

アイドルの舞台観劇で元気をもらう

休日は友人たちとの食事会で都心に出ることが多いですね。お洒落なレストランなど、テレビのグルメ番組で紹介されていたお店などに行ってみたりもします。
毎週というわけにはいきませんが、時々お気に入りのアイドルのコンサートや舞台を観に行きます。アイドルの舞台といっても、演出は凄くしっかりしていて、時にはゲストで元宝塚の女優さんが出演するなど、見どころがいっぱいあります。見終わったら気分が高揚して元気になれますよ。